GISELe

2017/10/27

人気デザイナー山内一世・伊地知朋子に学ぶ「ナチュラルな目元」の成功テク。

GISELe編集部

2人の共通点は… ナチュラルな目元

MEER.CEOデザイナー 山内一世さんのアイメイク

Kazuyo Yamauchi

2016年に東京進出をはたしたブランド「MEER.」のプロデューサー。シルエットや素材にこだわった女性らしいスタイルを発信中。センス抜群の着こなしと、多忙ながらも充実したプライベートライフをアップしたインスタグラムも大人気。Instagram>>zu_meer

©GISELe2016年11月号

©GISELe2016年11月号

リキッドシャドウとクリームシャドウのW使いで絶妙なツヤ感を。rms beautyのアイカラーは光沢がキレイで立体感が出るそう。二重幅の中央に指で軽くのせるのがポイント。マスカラをブラウンに変えれば、より優しい印象に。

使用コスメはこちら

©GISELe2016年11月号

©GISELe2016年11月号

A.ベースはTHREEのリキッドアイカラー。B.THREEDプラスアイパレット、左上のピンクをアイホール全体に。c.rms beautyのねり状アイカラー。

©GISELe2016年11月号

©GISELe2016年11月号

ラメやクリームなどの質感が違うシャドウを重ねることで立体感を出すのがポイント。アイメイクがナチュラルな分、朱赤のリップスティックで口元は発色よく。

URBAN BOBBYデザイナー 伊地知朋子さんのアイメイク

Tomoko Ijichi

レザー×スパイスの効いたスタッズづかいで人気のレザーグッズブランド「URBAN BOBBY」を手がける伊地知姉妹の妹。シンプル&上品カジュアルな私服が参考になる!と話題のインスタグラムも要チェック。 Instagram>>tomoko_urbanbobby

上はブラウンのシャドウ、下はパール感のあるベージュのシャドウで目尻を囲み、タレ目にするのが伊地知さんのこだわり。色使いがナチュラルな分、ライナーは少し長め。メリハリをつけるのが今時ナチュラルメイクのコツ。

使用コスメはこちら

©GISELe2016年11月号

©GISELe2016年11月号

A.CLIOのラメアイシャドウ。B&C. M・AC のベージュとブラウンのアイシャドウ。D.THE FACE SHOPの黒マスカラは長さが出ると伊地知さんもお気に入り。E.KATEの黒リキッドアイライナーは極細筆を愛用。

©GISELe2016年11月号

©GISELe2016年11月号

柔らかな色使いで目元が明るくなり、上品な印象に。コーラルピンクのチークを頬の一番高い部分にふわっと広げて、優しげな目元と合わせてスウィートに仕上げるのがこだわりだとか。

 重くなりがちな秋冬コーデにはナチュラルメイクでヌケ感を演出してみてはいかがでしょうか。是非、参考にしてみてください♡

RECOMMENDED