GISELe

2017/10/29

マリリン・モンロー、オードリー・ヘプバーンが愛したコスメとは?

GISELe編集部

オードリー・ヘプバーン:名画『ティファニーで朝食を』のワンシーン

「女は口紅もつけずにその手の手紙を読むわけにはいかないもの」。タクシーで口紅を塗るシーンで使用したといわれるのがレブロン スーパーラストラスリップスティック 101Pink in the afternoon)。※諸説あり。

Yves Saint Laurent:エングレイビングサービス/世界にひとつの特別な一本になる

大切な人へのプレゼントや自分へのごほうびに名前やメッセージを刻印できるYSL公式オンライン ブティック限定のサービス。世界にひとつ「どこにもない」口紅を手に入れるならココ!

ルージュ ヴォリュプテ シャイン 各4,100円+税/イヴ・サンローラン・ボーテ 
※エングレイビングサービスの対象製品は2種。

ジョニデも憧れた!? 名優のアイコン眼鏡

ジェームズ・ディーンが愛用していたことで知られるタート オプティカル社の名フレーム「アーネル」。あのジョニー・デップが名優のスタイルに憧れて「アーネル」を着用しているというのは有名な話。

マリリン・モンロー:「シャネル N°5」の地位を確立した名言

インタビューで「寝ているときは何を着ているのか」という問いを受けて「シャネルの5番よ」と返答したエピソードはあまりにも有名。“マリリン・モンロー=シャネル N°5”はいまだに語り継がれる伝説。

いかがでしたか?「ぶれない自分軸」を持つ人=最愛の相棒に出会っている人。ルージュ、眼鏡、香水。人のイメージを形成するこれらのアイテムのセレクトの参考にしてみてください。

RECOMMENDED