GISELe

2021/09/23

プロご用達の「メイク道具」公開!:ブラシやスポンジ「優秀メイクツール」

GISELe編集部

「あるとない」では違う仕込みの一手

いつものメイクを「目新しい」に変える分岐点はトレンドを追うことよりも、ツールの見直しや発想の転換力にあるのかも? そんな再定義を裏づけるべく、プロやファッション、ビューティ好きからリアルな口コミを収集。「キレイの引き出し」を増やすきっかけの1つに!※クレジット表記のないものはすべて本人私物。販売を終了している可能性もあります。


 こだわる 
「あるとない」では違う仕込みの一手

メイクの仕上がりを左右する、プロが選ぶ「なくてはならない」アイテム。実際に現場で活用している、プロのヘア&メイクのリアルな視点と細かさに注目。


RECOMMENDER.1
【ヘア&メイク:塩沢延之さん】


PROFILE
mod’s hair所属。GISELeの表紙のヘア&メイクを多数手がける。肌の質感を生かしたような、洗練されたナチュラルな雰囲気をつくり出すメイクに多くの支持が集まる。



MONDO-artist

遊びが生まれるフックつきゴム:
フックつきラバーバンド 12本セット 2,270円(税込み)/MONDO-artist 「両端についたフックでとめるゴムなので、いい意味で少しゆるむのが特徴。タイトにしばっても顔がつったりせず、まとめた毛流れも直線的になりすぎないため、おくれ毛がなじみやすい。結ぶのとはひと味異なる髪のテンションがつくれます」



MAKE UP FOR EVER

リキッドシャドウに変えられる:
アクアシール 12mL 3,800円+税/メイクアップフォーエバー 「パウダー系のコスメをウォータープルーフに変えられて使い勝手がいい。目尻や目の下などのよれやすい部分や骨格的にアイシャドウが上まぶたや下まぶたについてしまう人は、アクアシールを上にかぶせてコーティングすることでにじみにくくなります」



MASON PEARSON

スタイリング剤なしでツヤが出せる:
メイソンピアソン チャイルドブリッスル 12,000円+税/オズ・インターナショナル 「髪の毛に自然なツヤを生み出すブラシ。スタイリング剤だとケミカルな光沢が出たりヘアの質感に重みを加えてしまいがちですが、このブラシはとかすだけでほどよいツヤが出せます。クセ毛や乾燥毛で悩んでいる人ほど、効果に気づくはず」



Prima

つけまつ毛用グルーだからいい:
プリマ スーパーグルー/本人私物 毛並みが下がっているときやボサボサにしてボーイッシュにしたいときなど、眉毛の根元につけてコーティングするだけで、思いどおりの方向にコントロールしやすくなります。毛の短い眉毛は毛流れを整えてもすぐ戻ってしまうことが多いですが、グルーなので一日中保ってくれるのもいい。



RECOMMENDER.2
【ヘア&メイク:小澤麻衣さん】


PROFILE
mod’s hair所属。GISELeではファッション特集のヘア&メイクを数多く担当。服とのバランスを考えながら大人びた印象に導く、強さを兼ねそなえたメイクに定評あり。



MAKE UP FOR EVER

メイク直しのパートナー歴10年超:
アイメイクアップリムーバー 100mL 2,800円+税/メイクアップフォーエバー 「撮影中、頻繁にメイク直しをするときに必ず使うアイテム。オイルでもなくリキッドでもない、さっぱりとした、ベタつかないテクスチャーなので、細かいアイメイクの手直しに重宝しています。敏感な肌でも負担をかけずに落とせます」



MASON PEARSON

ヘアスタイリングは「これありき」:
メイソンピアソン ポケットミックス 10,500円+税/オズ・インターナショナル 「持ち運びに便利な小さいサイズ。ナイロン+猪毛のミックス毛でどんな髪質も扱いやすく、操作しやすい。ブラッシングすると頭皮が気持ちよく、髪の毛にツヤも出る。仕事ではすべてのヘアの作業をこの1本でまかなえてしまいます」



yUKI TAKESHIMA

結局コレに戻ってしまう:
yUKIBRUSH ProSeries 003 2,860円+税/yUKI TAKESHIMA 「コシのある毛を使っているので、しっかり輪郭を縁どれるリップブラシ。単色でラインを引くことも:色か筆にとってぼかすことも可能。色ムラにもならず、均一に塗ることができます。かたさ・大きさ・しなりが絶妙で、このブラシがいちばん使いやすい」



COTTON SWAB

綿棒は用途で使い分ける:
「赤ちゃん用の小さいもの、先のとがったもの、大きいものなど、綿棒の種類をかえて使います。細いものはアイラインの修正。先のとがっているものは点で使いたいとき。太い綿棒は先がやわらかいので、アイシャドウをなじませるときやリップの縁取りをなじませるときなどに。使い分けることで仕上がりに差が出ます」

CREDIT: Composition&Text_GISELe

RECOMMENDED