GISELe

2021/03/05

地味にならない「必要な意外性」とは?「甘くてハンサム」なパンツの着まわし

GISELe編集部

「くすみピンクのセンタープレスワイド」

もはや安心感だけではもの足りないパンツ。「ラクしてキレイ」「かわいいハンサム」など、着まわし力を裏づけるさらに多くの利点を求めたい。本来のイメージどおりに、ときには意外性を含ませて。選ばれし4本の役割が生きるスタイリングを伝授。

【画像一覧】すべての着まわしはこちら

DUSTY PINK WIDE
「くすみピンクのセンタープレスワイド」

□糖度をおさえたくすみカラー
□切れ味のいいメンズなフォルム

ピンクウールパンツ 19,000円+税/FRAY I.D(FRAY I.D ルミネ新宿2店) 厚手ながら光沢のある素材。


A. lean white layered
長い白から「のぞかせる」

ウォーミィなピンクを少量のぞかせて無機質な白シャツに奥行きを
パンツは着まわし。フリンジグレーショールジレ 79,000円+税/ロゥタス(ロゥタス カスタマーサービス) 白ロングシャツ 18,000円+税/#Newans ショルダーバッグ 37,000円+税/VASIC(ヴァジックジャパン) ブーツ 5,500円+税/グローバルワーク(アダストリア) 端正な白シャツワンピースと深みのあるピンクを、縦に流れるグレーで落ち感を強調。ジレのふわっとしたウール素材が、スタイリングにあたたかみもプラス。淡いピンクとグレーの膨張色も、Iラインならスッキリ見える。

CREDIT: Photography_Yuuki Igarashi(TRON・model), Koichi Sakata(still) Styling_Chisato Takagi Hair&Make-up_Naoyuki Ohgimoto Model_Alisa Design_Tomoki Fukuhara(Ma-hGra) Text_Eri Umeda Composition&Text_Chiharu Ando