GISELe

2021/06/14

【決定版】ナチュラルに仕上げるコスメ15選丨メイクのプロ&編集部がセレクト

GISELe編集部

ナチュラルをつくるコスメ


Layer04:適度な引き締め
▶ポイントを絞ってアクセントを
抜けが重要とはいえ、引き締める要素がなければぼやけてしまう。かといってシャープすぎるとミスマッチ。浮かずになじむバランスをつくるコスメ&テクニックを指南。

10. まつ毛の隙間を埋めるように

デジャヴュ ラスティンファインE クリームペンシル ダークブラウン 1,320円/イミュ
「まつ毛とまつ毛の間を埋める隠しラインをブラウンで引き、ナチュラルなだけに終わらせないバランサーに」(ヘア&メイク 長澤葵さん)


11. ツヤはヘアでも補える

スカルプト ヘアポリッシュ 100mL 3,850円/イソップ・ジャパン 
「うるうるグロスやキラキラシャドウに置きかわる“ツヤ坦”。視覚的なひっかかりをつくる手立てとしての濡れ髪は使えます」(編集部)


12.  「抜けと止め」両方を担う

N by ONLY MINERALS ミネラルスキャンブロウ 01 3,850円/ヤーマン 
「日本人の眉色になじむダークグレーとオレンジブラウンのコンビ。一般的な濃淡ブラウンからはみ出すことで、抜けがうまく出せる」(編集部)


13. 「強気でなじむ」パラドックス

〈右から〉ヴェルニ ロングトゥニュ 897(限定)、899 各3,520円(5月21日発売)/シャネル 
「ライトメイクを無難に見せないための策として“シャネルの新色ネイル”という安定感に身をまかせてみるものアリ」(編集部)

>>こちらもおすすめ
【ヘアメイク・編集スタッフ推し】「ベースメイクがうまくなる」コスメ
 
CREDIT: Photography_Yuki Ueda Design_Hiromi Fujiwara(Ma-hGra) Composition&Text_Wakana Akiya, Yuko Igarashi

RECOMMENDED