GISELe

2021/06/20

どこがポイント?スタイリストが「わざわざ選ぶTシャツ」

GISELe編集部

「Tシャツ好きのプロが選ぶ意外な選択」

使い勝手のいいシンプルTシャツこそ、着方・選び方で差がついてしまう。そこでベストな1枚を求めてアンテナを張っているGISELeスタイリストの「今の気分」を聞き込み調査。彼女らが目をつける、「意外性のある選択肢」とは?
※価格のないものはすべて私物。
※スタイリストのプロフィールは記事末尾にあります。

01:自分が欲しいサイズが見つかる
「レディース以外も選択肢に」
スタイリストに聞き込みをしたところ、浮上したのがメンズやキッズアイテム。「対象外」に目を向けることで、シルエットやサイズ選択の幅が広がる。


樋口かほりさん

A. USAモデルのドライなキッズT


Hanes(US)160cm

樋口さん:定番・ヘインズの白Tは、JAPAN MADEのものもいいですが、ざらっとしたドライな風合いが魅力のUSAモデルもお気に入り。サンタモニカなどの古着屋で手に入ります。あえてジャストで着られるキッズを選んでバランスをとるのがマイルール(A)。質感がカジュアルなぶん、タイトでもかっちり見えなくてデニムとも好相性。


岩田槙子さん

B. フリークスストアの140cm

4,994円/フリークスストア(フリークスストア渋谷)

岩田さん:私がキッズサイズを選ぶのもきゃしゃに見せたいから。キレイめなスタイルが好きな人はとくに、プリントTを着る際のシルエット選びが大切。そでやすそもフィットするサイズで、気楽な印象を押さえれば大人っぽさを貫けます。Bはフリークスストアで買える140cm。ネイビーなら、すっきり見えていいですね。


高木千智さん

C.ゆったり着られるメンズサイズ

高木さん:私は逆にメンズサイズばかり集めてしまいます。体が泳ぐことで落ち感が生まれ、無地でも十分“もつ”。アメリカで見つけたFRUIT OF THE LOOMの白T(C)は、オーバーシルエットですが生地に微光沢があるおかげでタフな印象になりすぎず、むしろ女性らしく着られるのが好き。なじみのあるブランドでも、日本と海外だと少し風合いに違いが。FRUIT OF THE LOOMに関してはアメリカ製のほうがやや薄手の作り。女らしい見た目だけでなく着心地も好み。


渡邉恵子さん

D. サイズ展開はSHIPS anyが豊富

140サイズ1,760円、Mサイズ1,980円、XLサイズ1,980円/以上ヘインズ(シップスエニィ渋谷店)

渡邉さん:Tシャツはサイズ感が重要なので、選択肢は多いほどいいですよね。自分に似合うサイズを探したいなら、SHIPS anyに行ってみては? 子どもから大人まで家族全員で着られる服がそろい、ヘインズの白Tひとつとっても、キッズ2サイズ・レディース2サイズ・メンズ3サイズと豊富。その場で比較しやすく、体型や好みに合う1枚が見つかるはず。




02:試着をしなくても失敗ナシ
存在感が出せるゆったりサイズ
試着不要のゆとりのある身幅のTシャツは、サイジングの意外性や迫力でデザイン並みのこなれた効果が出せる。

出口奈津子さん

「もとからゆったりした形だと、大きめサイズを買っておけば失敗しないので、オンラインでも買いやすいです」


E. 体型を拾わないワイドな身幅

渡邉さん:古着から着想を得たデザインに定評のあるアメリカーナ。ゆったりとした身幅のものが多く、体型をひろいにくいので、試着なしでも失敗しにくい。EのグレーのロゴTは、ドロップショルダーと長めのそで丈が特徴。肩まわりや二の腕を自然とカバーしてくれます。


F. 潔く「ロング&ルーズ」

18,700円/ENFOLD

高木さん:潔くロング&ルーズな形を選ぶのもありですよね。迫力が出るので、Tシャツ1枚でもさまになります。Fは丈に前後差があり、だらしなく見えにくそう。


G.ヘインズ×RHC ロンハーマンのパックT

(2枚組) 9,350円/ヘインズ フォー RHC(RHC ロンハーマン)

樋口さん:試着しないといえば、パックTもそう。ヘインズ×RHC ロンハーマンのアイテムは、半そでとノースリの2型入り(G)。同じ形や色ちがいがセットになったものが多いですが、これは見え方が変わるのでそれぞれ異なる使い方ができ、どのサイズを選んでも活躍しそう!

INTERVIEW!



渡邉恵子さん
「カジュアルなのに女っぽい」「キレイなのに抜けもある」、絶妙なさじ加減のセレクトと合わせ技に定評あり。



樋口かほりさん
肩の力を抜いて着られる、シンプルカジュアルなスタイリングが人気。リアリティのあるアイテム選びは必見。



岩田槙子さん
まじめにもモードにも転ぶ、柔軟性の高いキレイめスタイルが鉄板。大人も使いやすい旬アイテムの提案にも注目。


出口奈津子
さん
エッジィなストリート感をちりばめたカジュアルスタイルが定番。靴やバッグの企画を多く担当しキレイに導く小物づかいも熟知。


高木千智さん
キレのあるハンサムな装いが得意。自身もメンズ服をとり入れることが多く、シンプル服のこなし方を心得ている。


CREDIT: Composition.Text_GISELe