GISELe

2021/07/28

【忖度なしの愛用アイテム】スタイリスト5人の「選抜基準をクリアした黒」10選

GISELe編集部

「好きと実用を兼ねる黒」


GISELe スタイリスト

渡邉恵子さん

「大人に適したほどよいカジュアル」
力が抜けているのに品もいい、絶妙なさじ加減のスタイリング提案で人気。ラフな心地よさをコンパクトなシルエットで整えるバランス感が最近の気分だそう。

樋口かほりさん

「疲れず女っぽいが定番」
シンプルなのに目を引く、サイズ選びや組み合わせのバランス感覚に定評あり。着ていてラクな素材と形は必須。そのうえで女性らしいデザインが気になるもよう。

岩田槙子さん

「抜けとシャープさを兼ねる」
キレイとモードを両立したスタイリングが得意。夏の黒が重く見えないよう、適度な肌感やほっそりしたウエストラインなど女性らしい軽さを重視してセレクト。

出口奈津子さん

「さりげないエッジが効いている」
カジュアルで親しみやすいコーディネートが定番。素材感に少しクセのあるものを選び、着慣れた黒を更新したいのだそう。形はハズれのないキレイめを意識。

高木千智さん

「辛口好きによるベーシック」
古着から着想を得たメンズライクな装いが鉄板ですが、今季はキレイめなシルエットも気になるそう。クール派の気分転換にも適した緊張感のあるアイテムを選択。

CREDIT: Photography_Koichi Sakata Cooperation_AFLO,Gettyimages Design_Kyotaro Yabuta(Ma-hGra) Composition&Text_Riho Nawa

RECOMMENDED