GISELe

2021/09/27

コートを着るまでのアウター:調整力に優れる「ビッグサイズのテーラード」

GISELe編集部

ジャケットは「着たい服」から逆算する

コーディネートが整う「サイズ感のズレ」。メンズサイズをとり入れるのが主流になってきた今、秋からその主役として注目すべきはテーラードジャケット。女性らしいとろみ素材や柄ボトム、スカートやワンピースにも。甘さと辛さの好バランスなミックススタイルに欠かせない旗手。


SAMPLE_1

シンプルが「もつ]」紳士なセット。どこかやぼったさのあるチェックと味のあるビットつきローファー。さっぱりとしたモノトーンの上下でも、その2つがクラシカルなムードに引き寄せてくれる。



SAMPLE_2

黒ジャケットでワントーン。隙のないハンサムなスタイリングに欲しい、抜けや甘さを1つでかなえるモノトーンのドットブラウス。クラシカルなインナーはビッグジャケットとの相性も良好。



SAMPLE_3

カジュアルに好感度をもたらすのもジャケット。アームホールが広く、ウエストにしぼりがないメンズサイズなら気楽にまとうことが可能。ブラウンベースのクラシカルなチェックでルーズなフォルムに落ち着きを加え、気品をマーク。



コートも旬はビッグサイズ。冬になったらコートの下にしのばせて。



SAMPLE_4

ジョガーパンツをはじめ気楽でキレイなパンツが主流の今、ラフに傾けず調整してくれるのもビッグサイズジャケット。細身のボトムとのメリハリあるシルエットでバランスも良好。




SAMPLE_5


まじめなグレージャケットを、アクセのように飾る甘い白。多少インパクトのある装飾もビッグジャケットと一緒なら臆せず試せる。


CREDIT: Composition&Text_GISELe

RECOMMENDED