GISELe

2021/10/27

【変えやすい利点がある色】:ブラウンとの新しいつき合い方

GISELe編集部

「ブラウンに必要な気分転換」

ベーシックカラーの中でも意外と使い勝手のいいブラウンは、着こなしの目的に「染まる色」。色自体にあるイメージや、サブとしての使い方、果てはメイクまで。新しいというよりも「さらにいい」これからのブラウンとのつき合い方をナビゲート。


【イメージを変える】
▶ALLブラウンでスポーティ

クラシック、正統派などブラウンのまじめなイメージを払拭する、スポーツとモードが融合した、ナイロンのセットアップでリフレッシュ。

モードなナイロン素材も
ブラウンならどこかマイルド

動作とともにシルエットが変わるナイロンならではの特性を生かして、どこまでも無造作に。足元にはスニーカーではなく、きゃしゃなブーツを選べばスポーティに傾かず都会っぽさも維持できる。

茶ナイロンジャケット 46,200円、スカート 42,900円/ともにATON(ATON AOYAMA) 白ロングスリーブTシャツ 20,900円/ENFOLD 黒ショートブーツ 68,200円/PIPPICHIC(ベイジュ)




【組み合わせを変える】
▶ニットを軸に新たな発想

これから最も多くの出番が予想されるコンパクトなリブニット。ブラウンありきで考える、いつもと同じにならないニットのアイディア。

大きなニットの「さし色」に

リブタートルの密着感を利用。
ワンピからのぞかせてバイカラーを形成

1枚だと膨張しかねない、白っぽいニットドレス。タイトなブラウンタートルをしのばせて、ニットワンピをブラウンで縁どるように重ねれば、ルーズに陥らず適度に締まる。

アイボリーボトルネックニットワンピース 29,700円/PROTAGONISTA(アマン) 中に着た茶タートルネックトップス 18,700円/ATON(ATON AOYAMA) ベージュショートブーツ 9,790円/RANDA

CREDIT: Composition&Text_GISELe

RECOMMENDED