GISELe

2021/10/12

「着回し感が出にくい服」:選ぶ秘訣は「服と服とのつながり」

GISELe編集部

「なくすと増える」仕組み

自分にとって本当に必要なものだけを「選び抜く」こと。それがなされた納得のいく「適量のワードローブ」なら愛着も行き届き、組み合わせるごとに「好き」が増す。

服を数多くまとうのではなく、アイディアの数をまとうように。繰り返すたびに発見のあるプランを毎日お届けしていく着回し連載企画。第1回目はその軸となる「新しいアイテムの選び方」をお届けします。



≫【毎日更新】すべての着回しパターンを見る


【WARDROBE】
今から冬じゅうオシャレに過ごせる
「着回しの新ワードローブ」

組み合わせの幅も広ければいいというものでなく、コーディネート自体が本当に「しっくりくる」組み合わせに仕上がるか。

ただアイテムの数を増やして、シンプルなだけでもなく、タンスのこやしにもならない。あらゆる意味で「余計を生まない」ことを理想として完成されたワードローブ。まずはバランスのよしあしに大きく関わる、ボトムを見極めるところからスタートを。


☑着回すアイテムの内容
【ボトム】「〇〇のないボトム」からセットする
【合わせる服】ボトムを軸に合わせる服を決めていく
【シューズ】4つの目的で服に選ばれた靴
【小物】「補う役割」があるアクセサリー選び




1.BOTTOM
【〇〇がないボトムからセットする】
スタイルよく見せるために、特にゆずれないボトム選び。「マイナス部分を明確に」することで理想の1つが見えてくる。


A.「ラフすぎない」細身のスエット

グレースエットパンツ 15,000円/N.O.R.C キレイを保てる「ゆるすぎず細すぎない」ストレートライン。フェミニンにもマニッシュにも応用できるスモーキーなグレー。靴のタイプを問わず、ソックスを合わせてもやぼったく見えない。



B.「強すぎない」美形の黒パンツ

黒センタープレスパンツ 19,800円/スティーブン アラン(スティーブン アラン トーキョー) 1つあると安心。ひかえめな光沢を含んだ黒パンツ。デイリーにはもちろん、ドレスパンツとしても活躍する美しさ。


C.「もたつかない」ベージュのワイド

ベージュウールワイドパンツ 47,300円/ebure(ebure GINZA SIX店) スカート派にすすめたい・柔和な色みと力みのないシルエット。プレーンなトップスを単調に見せない、ざらっとした風合い。タックINしてもさまになるハイウエスト。


D.「厚みのない」ウールスカート

オフ白フレアスカート 29,700円/アストラット(アストラット 新宿店) ウールにありがちな重みを削いだ「軽やかになびく」風合い。コットンスカートをまとっているかのような軽やかさ。動くたびに絵になるAラインを形成。

CREDIT: Composition&Text_GISELe

RECOMMENDED