GISELe

2021/10/12

「着回し感が出にくい服」:選ぶ秘訣は「服と服とのつながり」

GISELe編集部

「なくすと増える」仕組み


8.SHOES
【4つの目的で服に選ばれた靴】


結果的に長く付き合える靴の条件は、服にとって都合がいいかどうかが決定打に。多くは求めず、ゆずれない目的にしぼって導き出された4足を披露。


【締まる】
→ラフなボトムの印象を引き締めてフレアの膨張感も抑えるブレない黒を。

a.SHORT BOOTS
黒ショートブーツ 15,400円/STYLEMIXER(バロックジャパンリミテッド) スクエアトゥならさらにタイトな表情。美脚を促す足首がわずかにシェイプされたフォルムを。



【ゆるめる】
→夏のサンダル的な役割を果たすヌーディーなフラットパンプス。

b.FLAT PUMPS
ベージュギャザーフラットシューズ 35,200円/ピッピシック(RHC ロンハーマン) ニュアンスカラーなのにぼやけないのは、とがったトゥとギャザーのニュアンスが理由。



【なじむ】
ハイヒールの強さがゆるむ肌なじみのいい淡色のスエードを選択。

c.SUEDE PUMPS
グレージュスエードパンプス 15,950円/DIANA(ダイアナ 銀座本店) 冷たいグレーと温和なベージュがブレンドしたような色みだから、どんなボトムの色にもフィット。



【正す】
ヒールに頼らずまじめぶれるビットつきの黒ローファー。

d.LOAFERS
黒ビットローファー 7,990円/ZARA(ザラ カスタマーサービス) パンプスほど力まずきちんと見えるオーセンティックな佇まい。ゴールドのビットで華やかさも加味。



CREDIT: Composition&Text_GISELe

RECOMMENDED