GISELe

2021/10/26

「コート姿がサマになる」の分かれめ:「スリットがある場合・ない場合」

GISELe編集部

選びを助ける「見どころ」プロの助言

オーバーシルエットが変わる
コートと「スリット」の関係

コートも主流のオーバーサイズを前提に、ゆれ感を出して重みを逃す「スリットあり」と、シルエットのゆるみをとめられる「スリットなし」。ワイドパンツやフレアスカートなど、ボリューミィなボトムにとっても都合のいい、切り込みの有無によって生まれるそれぞれの効果を、スタイリストたちが解説。




I LINE

ペラっとめくれず歩いてもラインがくずれない


白コート 59,400円/CASA FLINE(CASA FLINE表参道本店) 「生地を重ね外側にスリットを入れたバックスリット。ペラペラめくれる心配がないうえに、ゆったりとすそが広がるので、走ってもラインがキレイに見えます。スリットがあることで白にも奥行きが出て、上下シンプルな組み合わせにも重宝」(渡邉さん)




DARK CHECK

柄と素材の重さを拭する深めスリット

チェックウールリバーガウンコート 47,300円/アダム エ ロペ 「バックには深いスリット入り。動くとシルエットに流れが出て、ブラウン系のチェック柄&しっかりとしたウール素材という、やや重たいロング丈コートも軽快に見せてくれます。チェック柄は濃い色みで上品に」(出口さん)




WITH HOOD

スリットがなくても縦に流れる

グレーフーディーコート 49,500円/スピック&スパン(スピック&スパン ルミネ有楽町店) 「ゆったりめのシルエットですが、えりからフードにつながる優美なラインで、スリットなしでもシルエットがキレイに落ちる。キレイめにもカジュアルにも振れて気軽に羽織れるのも長所」(高木さん)




SHAGGY FABRIC

起毛感があるから“なくてもいい”

共布ベルトつきグレーコート 187,000円/デ・プレ 「長めの毛足で奥行きを感じる風合いの、地厚であったかい上質なウール素材。起毛した素材によって立体感が出るので、スリットが入っていなくてもコーディネートのメリハリ役としては十分。ボリュームのあるボトムとも合わせやすいと思います」(樋口さん)



GISELe STYLIST


渡邉恵子さん

カジュアルなのに女性らしい、キレイなのに抜け感もあるなど、絶妙なさじ加減のセレクトとスタイリングの合わせ技に定評あり。


樋口かほりさん
大人に似合うカジュアルなスタイリングが人気。シンプルなのに今っぽさも感じる、まねしやすいスタイル提案にファン多数。


岩田槙子さん
まじめにもモードにも転ぶ、絶妙な甘辛ルックが鉄板。着まわし企画を担当することも多く、シーンレスなアイテム選びも必見。


高木千智さん
どこかメンズライクな風合いをとり入れて女らしさを引き出す、辛口な装いが得意。アクセや小物、色の効かせ方もぴかいち。


出口奈津子さん
力の抜けたカジュアルスタイルが定番。ただラフなだけで終わらせず、都会的に引き上げるディテールや素材の選定が絶妙。
CREDIT: Composition&Text_GISELe

RECOMMENDED