GISELe

2021/11/04

ベージュより「合う色」が増えるトレンチコート

GISELe編集部

減らすと増える仕組み

「服と服のつながり」で選び抜かれたワードローブで冬まで、そして冬からの着回しを毎日お届けしている連載企画。組み合わせるごとに「好き」が増していくさまざまなアイディアをご提案。

≫【ワードローブ】全アイテムの詳細を見る


【VOL.21】
1色にしぼると見えてくる
アウター選びもワントーンの延長で

黒白ベージュやグレー、ブラウンのベーシックカラー。選びを的確にすべく基準にしたいのは「ワントーンで整うかどうか」。その先で新しさを探すだけで、結果ムダなく着回しの幅をさらに広げる新しい軸となりうる。失敗を防げるなら、好きな色の延長で「似たもの」だっていとわない。



ALL GRAY
【トレンチをグレーに塗りかえて】
手堅いアイテムを好きな色、という失敗しないための最短ルート。王道のベージュトレンチを、今季注目度の高いグレーにスイッチ。見違えはもちろん、あいまいな色、ダスティカラーが旬の今季は、ベージュよりもグレーの方が好都合な場合も多い。

濃淡のある配色やあまいな色との
合わせも1枚で整う万能色へスイッチ

意外と色幅のあるグレーのゆらぎを正すために、主役となる同色のトレンチを颯爽とはおるだけ。ニットの上から飾ったシルバーのネックレスも、広い意味ではグレーと同系色に。 グレーラグラントレンチコート 45,100円/アーセンス(アーセンス ルミネ新宿1)

CREDIT: Composition&Text_GISELe

RECOMMENDED