GISELe

2021/10/27

デニムに差がつく「もう1つ」:安定をもとにした足し算

GISELe編集部

「デニムの日ぐらいトゥーマッチ?」

「引き算」の良さもありますが「足し算」の楽しさも忘れたくない。自分の「好き」を遠慮なく、そんな気分の日こそデニムを起用するとき。デニム+シャツ、ジャケット、ブラウスなど王道の組みあわせに「もう1つ」足すだけでイメージを変える方法をご紹介。

色をそろえて・テイストは逆に


万能なデニムを軸に、柄や独特のシルエットなど、コーディネートに1点効かせるアイテムは、それとは逆のテイストを持つものを組み合わせてバランスを調整。さらに「同系色」でまとめれば自然と溶け込む。


-Beige-
【まじめなシャツ】+派手なコート

シャツとデニムだとどこかさっぱり。素材も柄もキャッチーなファーコートがあればその空気は一変。やさしい色だから意外にも簡単。

シャツを「きちんと着ない」ことで
派手なコートと均衡をはかる

手に持ったコート 61,600円/ジャーナル スタンダード レサージュ(ジャーナル スタンダード レサージュ 銀座店) シャツ 17,600円/プラージュ(プラージュ 代官山店) デニムパンツ 20,900円/Levi’s® Vintage Clothing(リーバイ・ストラウス ジャパン) ハット 7,920円/ベネッリモンタコーネ(ユー バイ スピック&スパン 渋谷パルコ店) ブーツ 24,200円/ダイアナ(ダイアナ 銀座本店)



-Gray-
【おかたいジャケット】+ルーズなニット

由緒正しいジャケットを裏切るように、デコルテはゆるく、そでもルーズな隙だらけのニットを。王道という強みがあるブルーデニムが橋渡し的な存在に。

手抜きにも見えず・まじめすぎない。
結局まとまる三位一体の関係性

グレージャケット(メンズ) 88,000円/ユニオンランチ(サザビーリーグ) グレーニット 46,200円/THE NEWHOUSE(アーク インク) デニムパンツ 14,080円/ROLLA’S(ジャック・オブ・オール・トレーズ プレスルーム) 眼鏡 27,500円/BLANC ローファー 16,390円/A de Vivre ニットとデニムだともの足りず、ジャケットとデニムだとつまらない。補い合うように3着をブレンド。



-White-
【甘いブラウス】+ロゴTシャツ

大きなフリルからのぞくのは、ロゴTという意外性。どちらも間違いなくデニムに似合う白だから、カジュアルなロゴは脇役にとどめてそれとなくテイストMIXを。

少量でもブラウスに負けない主張。
カラーロゴのインパクト


ビッグカラープルオーバー 17,600円/HeRIN.CYE(バロックジャパンリミテッド) ロゴTシャツ 12,100円/THE SHINZONE(Shinzone ルミネ新宿店) フレアデニムパンツ 25,300円/RHC(RHC ロンハーマン) サングラス 27,500円/BLANC バッグ 5,940円/レイ ビームス(レイ ビームス 新宿) ショートブーツ 25,850円/ダイアナ(ダイアナ 銀座本店) 白バッグで抜けを。




-Black-
【重厚なコート】+ツヤめくドレス

ブルーデニムにとって見慣れた相棒・ALL黒。端正なコートとサテンドレスを重ねて背伸びした黒へと更新。ともにロング丈で、デニムをおおうぐらい強気に。

のぞく程度を見越して選んだ大胆な
カットオフデニムが絶好のスパイス

黒ロングコート 143,000円/SLOANE 黒Vネックスリットロングワンピース 41,800円/CABaN(キャバン 代官山店) カットオフデニムパンツ 5,990円/ZARA(ザラ カスタマーサービス) バッグ 29,700円/DECKE(アイクエスト ショールーム) パンプス 35,200円/PIPPICHIC(ベイジュ) ジュエリーみたいに輝くパンプスで脇を固めて、無骨なデニムをあえてきわ立たせる作戦。


»【デニムに関する記事の一覧】

CREDIT: Composition&Text_GISELe

RECOMMENDED