GISELe

2022/01/07

ワンピースのように着回せるセット:ニットとデニムが見違える「あと1つ」とは?

GISELe編集部

デニムとニットとあと1つ

ワンピースのように捉えて足していくのが楽しくなる「デニムとニット」の単純でかわいいセット。そんな鉄板の組み合わせの幅がもっと広がる「あと1つ」のとり入れ方をご提案。小物・アウター・レイヤード、3つの着方別に「似合う」ベストなアイテムをトッピングして、お気に入りの組み合わせを再び新しく!

(関連記事)
≫黒スキニーとニットに似合う「あと1つ」印象が変わる着回し



BEIGE × INDIGO
【着回す上下のセット】

繊細な毛足と開いたデコルテで女性らしさが高まるベージュニット。ナチュラルな色みとゆったりめのフォルムは、スリムな濃紺デニムを合わせてすっきりさせるのがベストな選択。





001【小物で暖かさを足す】
▶起毛感のある小物をトッピング

コートを羽織る前に暖かさを足すべく、肌を隠す小物をアレンジ。毛足長めのマフラーとグローブで素肌をおおって、見た目の温度を上昇。落ち着きのあるグレーで選べば、ベージュニットのやさしい雰囲気を保ちながら、ほっこり感なくスマートさも維持。





002【アウターを足す】
ベージュがぼやけない強い色

冴えた色みのグリーンでコントラストがつき、リラックス感のあるニットを格上げ。コートのしなやかな生地と、デニムが埋もれない丈も、色を着やすくするポイントの1つ。





003【インナーを足す】
同色の装飾的なえりでアクセント

女らしさが出せる半面、さみしくも見えかねない首元の深いVライン。首元にいい重みが出る、大きめなえりのブラウスをレイヤード。同系色ならもとからデザインされたような、バランスのいい仕上がりに。



≫コーディネートで使ったアイテムのクレジットを見る


CREDIT: Composition&Text_GISELe

RECOMMENDED