GISELe

2022/05/04

「細く・長く・着心地がいい」夏のモノトーンをスタイルよく見せる服【4選】

GISELe編集部

細く・長く・着心地のいいモノトーン

スタイルよく見えることは必須条件。そのうえで辛口なモノトーンを着心地のいい素材やシルエットに変更。心地よさとスタイルのよさ。そしてカッコよさを兼ね備えた、これからのモノトーンに必要な服をコーディネートの実例でご提案。

(関連記事)
≫3つの着方で印象が変わる黒ワンピースの着回し【10選】


1
縦長感を演出する「とろみ素材のオールインワン」

黒を選ぶことで必然的にシャープに装えるオールインワン。横幅が出ない柔らかな素材の落ち感を意識すれば、ウエストの絞りがない形でもスレンダーに。

黒ジャンプスーツ 39,600円/AP STUDIO(エーピー ストゥディオ ニュウマン シンジュク) 白ハンドバッグ 12,100円/ジェイダブリューペイ、白パンプス 52,800円/ペリーコ(ともにユナイテッドアローズ エルティーディ オンラインストアー) シルバーダブルフィンガーリング 14,960円/TODAYFUL(Life’s 代官山店) 胸元のVに加えて、クリーンな白小物がボリュームダウンに貢献。



2
「夏のふわふわ」は肌感のあるVネックがベスト

潔い肌感が、白いふわふわニットの膨張を抑制。ジャージー風素材のタイトスカートが、ほっそりしつつもノンストレスな締め役として活躍。

アイボリーフラッフィーニット 17,600円/MIESROHE 黒タイトスカート 29,700円/LE CIEL BLEU(ルシェルブルー 総合カスタマーサービス) アイボリーショルダーバッグ 39,600円/MARROW(4K) 黒サンダル 50,600円/CLERGERIE(デ・プレ) 腰位置が自然と上がるハイウエストを選びつつ、スカートと靴まで黒でつないで、フラットでもヒールに劣らない脚長効果を発揮。



3
ニットは「メッシュの透け感」を利用して軽やかに

素肌とのバランスがとりやすい、肉厚なニット。編み地から見え隠れすることできゃしゃさがきわ立ちやすく。

黒ニットプルオーバー 33,000円/LOEFF(ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店) 白ハーフパンツ 30,800円/DEUXIEME CLASSE(ドゥーズィエム クラス 青山店) バッグ 12,100円/TSURU By MARIKO OIKAWA サングラス 22,000円/A.D.S.R.(4K) サンダル 26,950円/SOL SANA(ジャック・オブ・オール・トレーズ プレスルーム) ボトムは短め丈を選びミニマルを意識。



4
黒スキニーに加えて「細身の白スエット」

細身でも気楽にはける、スエットパンツでカジュアルに・心地よく白パンツを投入。コーディネートはスエット以外、キレイめにまとめるのが基本。

黒ジョーゼットシャツ 16,500円/TODAYFUL(Life’s 代官山店) 白スエットパンツ 19,800円/アルアバイル 黒レザーバッグ 41,800円/MODERN WEAVING(ショールーム セッション) アイボリーストラップパンプス 29,700円/SOL SANA(ジャック・オブ・オール・トレーズ プレスルーム) ボトムのテンションに合わせて、シャツも軽やかなとろみ素材でリラックス。


≫【全15選】夏へシフト「モノトーンに差が出る」コーディネート実例をすべて見る




CREDIT: Composition&Text_GISELe

RECOMMENDED