GISELe

2022/05/13

「白シャツと黒パンツ」着なれたセットが見違える「夏への3つの変更点」

GISELe編集部

着なれたセットが見違えるモノトーンに合うアレンジ

白のビッグシャツと黒の細身パンツ。着慣れた定番のスタイルを軸に考えれば、鮮度の高いアイテムも、小物づかいも突飛にならずリアリティのあるバランスに。シンプルな装いをアップグレードさせていくような足し算で「使える新しさ」を見極め。

(関連記事)
≫【9選】モノトーンが上手くなる「キレイになれる黒」コーディネート実例


1.シャープなモノトーンをゆるめる
【リゾート風の小物が相棒】

ボタンを開けてくずしたシャツに、気どらないラフィア素材のビッグバッグ。さらにトングサンダルを足したルーズさも、端正なモノトーンだから品をそこなわずリラックス。

適当なまとめ髪でもさまになる
大きめのバレッタも味方に

白シャツ 24,200円/ガリャルダガランテ(ガリャルダガランテ 表参道店) ジョガーパンツ 15,950円/アダム エ ロペ キャミソール 3,850円/Ungrid バレッタ 7,700円/バレット スタジオ(RHC ロンハーマン) ピアス 64,900円/ジャッド ヴァンチュリ(アマン) トートバッグ 14,300円/メイド イン マダ(ジャック・オブ・オール・トレーズ プレスルーム) サンダル 57,200円/ペリーコ(アマン) 折り曲げてクラッチ風にも持てる、ソフトな風合い。パンツにはセンターシーム入りで、スレンダーな見た目をキープ。



2. 小物以外でカジュアルダウン
【パンツの丈を変えて軽快に】

丈を短くすれば、キレイめな黒パンツもアクティブに様変わり。プレイフルなロゴTのアウターとしてさらっとまとう程度のシャツの使い方で、さらなる着くずしを。

小物は重厚な黒に徹して
気楽なムードでも知性を忘れずに

白シャツは着まわし。ロゴTシャツ 6,600円/ガールズ デンジャラス ヴィンテージ(ユー バイ スピック&スパン ルミネ2新宿店) ショートパンツ 13,000円/N.O.R.C バッグ 35,200円/ブンテッラ(エーピー ストゥディオ ニュウマン シンジュク) ローファー 56,100円/カチム(スティーブン アラン シンジュク) お尻が隠れるシャツの丈なら、短めパンツの主張も薄まる。



3. モノトーンに欲しい清涼感
【寒色のさし色】

シーズンレスなモノトーン配色に季節感を投影できる、クールなブルーの装飾。気どらないスエットだからマイルドに仕上がることを計算し、高発色で顔まわりを華やかに操作。

鮮度だけでなく清潔感も高まる
冴えわたるブルーのインパクト

白シャツと黒パンツは着まわし。肩に巻いたブルースエット 6,996円/タウンクラフト×フリークス ストア(フリークス ストア渋谷) ブラウンサボ 59,400円/アトリエ アンボワーズ(アマン) 胸元でつくるVラインが、長めのシャツの間のびを抑制。顔まわりに主張があるぶん、足元は抜けて見えるブラウンを選択。


≫【9選】同じコーディネートでもこんなに変わる「小物だけ変えて」着回しの実例を見る



CREDIT: Composition&Text_GISELe

RECOMMENDED