GISELe

2022/06/28

【明日なに着る?】靴合わせもしやすくなった「スキニーよりもすそがゆるめ」夏の黒スキニーデニム

GISELe編集部

明日なに着る?

組み合わせ方や注目のアイテム、さらにはこれから着たい服探しにも役立つ、最新コーディネートを毎日更新してお届け中!

≫【明日なに着る?】すべての記事一覧を見る

423_NEW FINDING
【すそが見どころの新タイプ

白Tシャツ 12,100円/THE NEWHOUSE(アーク インク) 黒スキニーデニムパンツ 40,700円/トゥ エ モン トレゾア(エドストローム オフィス) 手に持ったシャツ 28,600円INDIVIDUALIZED SHIRTS(メイデン・カンパニー) ピアス 8,800円/アビステ バッグ 27,500円/UNITED TOKYO(ユナイテッド トウキョウ 神宮前店) サンダル 14,190円/A de Vivre 

合わせる靴のバリエもふえる
ひざ下にもたせた少しの余白


季節を問わずに頼れる黒スキニーを夏仕様にアップデート。ポイントはすそまでぴったり脚全体にはりつかせないシルエット。腰まわりやもも部分は自然にフィットしつつ、ひざ下にはあえて余白を出して、ふくらはぎの凹凸もカムフラージュ。

足首までぴたっと密着する形よりも、むっちり感が薄れてむしろスレンダー。すそに余白があることでヒールはもちろん、ヒールなしのサンダル系とも良好なバランスをキープ。トップスの色を選ばずコーディネートしやすい漆黒ではない、ほんのり浅い色味も特徴。

【POINT】
☐合わせた白Tは、ミニマルに仕上がるサイジングはさることながら、味のあるデニムと相愛なムラのあるコットンを使用した独特の肌あたりが特徴。シンプルに装ってもさまになるやや地厚な風合い。コンパクトなのにピタッとしないスリーブも高ポイント。

【CLIMATE】
35℃↔24℃
SUNNY DAY


≫【全8選】進化した黒スキニー「ラインを拾わない・脚を締めつけない」もすべて見る



CREDIT: Composition&Text_GISELe

RECOMMENDED